TOP>Tシャツのお話

ABOUT T-SHIRT Tシャツのお話

現代ではどれほど多くの老若男女、この日本だけではなく世界的にも非常に多くの人がTシャツを愛用しているのでしょうか。それにも関わらずこのTシャツの歴史についてはあまり知られていません。少しだけ簡単にTシャツの歴史をひもといてみたいと思います。

Tシャツの起源は・・・

第一次世界大戦よりも前。ですから1900年の初めのころ、アメリカ海軍の船内で船乗りたちが下着として愛用したのが始まりと言われています。船内で作業するのに軽くて動きやすく、そして洗ってもすぐに乾く。そんな便利で機能性の高いシャツでしたから、すぐに船員たちに広まりました。いかにもアメリカらしいといえばらしいですね。それがTシャツの起源と言われています。 そしてその快適なTシャツが公式にアメリカ海軍の肌着として採用されたようです。それが1930年の第一次世界大戦の頃です。しかしこの頃のTシャツはアンダーとしての認識しかされていません。それがアウターとして着用されるようになったのは第二次世界大戦後のアメリカにおいてです。

Tシャツの発展期・・・

その後Tシャツは様々な分野で発展を遂げていきます。まずはスポーツやレジャーのためだけに使用されたTシャツが販売されます。「Tシャツ」という名称は初めから使用されたわけではありません。このスポーツとレジャー用に発売されたものが「Tシャツ」の名称の起源と言われます。

そして1960年代からあらゆるメッセージがTシャツにプリントされ、それがおしゃれなファッションとなり全世界に広まっていきました。1980年になるとTシャツはさらに発展します。実用向きやメッセージとしての役割だけではなく、ファッションとしての確たる地位を築いてくのです。

日本におけるTシャツ・・・

日本にTシャツが伝わったのは1940年頃、アメリカのカジュアルウェアとして雑誌などに紹介されたことから始まります。 そして1960年代後半にはヒッピー文化がトレンドとなります。そのヒッピーは反体制、反社会を訴える人たちであったが故に、Tシャツやジーンズがシンボル的な存在となりました。

そして現代・・・

今やTシャツはオリジナルな時代です。そこで登場したのがオリジナルデザインを印刷する方法やワッペンを貼る方法です。特にワッペンは簡単に貼ることができます。クラブ活動で使用するおそろいのTシャツにワッペンを、イベントの制服のTシャツにワッペンを、ツーリングチームのマークをワッペンにしてTシャツに・・・様々なシーンでそのシーンに合ったオリジナルなワッペンをデザインして、自分なりのオリジナルなTシャツを着る、今はそんな時代です。

ポロワッペン工房について・・・

ポロワッペン工房では皆様からのオリジナルのデザインを、Tシャツ及びポロシャツ用にワッペンを製作いたします。お気に入りのTシャツやポロシャツに貼り付けいたします。またワッペンによる方法だけではなく、プレスプリントもしています。オリジナルなTシャツを着てみたい、そう思われたら是非当店までご連絡ください。

きっとあなただけのTシャツを手にして頂くことができるはずです。そして思い切りカジュアルな休日をお楽しみください。


このページの上部へ